生活が変わったなら保険も見直しが必要になります。

自動車保険の法人契約は高い

自動車保険には個人向けと法人向けの契約があります。
一般的に法人向けの自動車保険は個人向けのものよりも保険料が高くなります。
また、最近の個人向けの自動車保険は通販型が人気でインターネットで申し込むことが多くなっていますが、法人向けの自動車保険ではインターネット申し込みに対応している会社も数少ないのが実情です。
ですから、法人向け自動車保険を契約するときには、代理店を利用したり、直接損保会社で契約するのが一般的です。
しかし、小規模な個人事業主などでは法人契約すると自動車保険の保険料が高くなってしまうことから、たとえば会社で使うクルマの保険契約者や被保険者を個人としたまま契約できないか(つまり、社用車の自動車保険を個人契約できないか)と考えている人も多いようです。
たしかに、会社用のクルマを個人契約できれば毎月の保険料を何割か安く抑えることができるわけですから、資金繰りの厳しい個人事業主にとっては有難いでしょう。
はたして、こういったことは可能なのでしょうか。
実は保険会社によっては、会社の車の自動車保険を個人向けのもので契約することは可能です。
ただし、「保険会社によっては」と書いたように、個人契約できない保険会社もあります。
また、一人法人でなく従業員がいる場合には、従業員が社用車を運転して事故を起こしてしまうと、補償内容によっては補償が受けられない場合があるので注意が必要です。
会社名義のクルマに個人向けの自動車保険を適用すれば、これまでの等級を引き継ぐことができるというメリットもあります。
ご存知のように自動車保険の保険料は等級によって割引率が変わります。
事故歴がなくて等級が上がっていればより大きな割引を受けることが可能になりますが、法人契約に変更してしまうとこれまでの等級がリセットされてしまい、割引率が低くなってしまいます。
社用車を個人契約することで等級が引き継がれれば、ただでさえ法人契約よりも保険料の安い個人契約をより安い料金で利用することができるわけです。

get( 'keyword', 9 ) ?>
get( 'comment', 9 ) ?>