生活が変わったなら保険も見直しが必要になります。

保険を賢く選ぶには

自動車保険では特約条件を付けることで保険料を通常よりかなり安く抑えることが可能になります。
ただし特約条件は保険会社によって異なるので、自分に合う条件を自力で探すのはとても手間がかかります。
そのような場合は保険会社に見積もりを依頼してみましょう。
このとき、自分が興味を持っている保険会社だけに見積もりを依頼するのも良いですが、複数の保険会社に見積もりを依頼すると比較検討が楽になるので、条件にあった保険会社を選びやすくなります。
では、自動車保険にはどのような特約条件があるのか見て行きましょう。
まず、自動車保険では運転者を限定することで保険料を安く抑えることができます。
これを「運転者限定条件」と呼びます。
一般の家庭では車を運転する人は決まっていると思います。
本人(被保険者)しか運転しないという家庭もあるでしょうし、夫婦だけがクルマを運転するという家庭もあるでしょう。
そういった場合は「本人しか運転しません」とか「夫婦以外は運転しません」といったように運転者を限定することで、保険料が安くなります。
この場合、たとえば子どもが運転して事故を起こしてしまうと保障金が支払われないので気をつけましょう。
運転者の年齢によっても保険料の割引が受けられます。
これを「運転者年齢限定条件」と呼びます。
クルマの事故件数は若い運転手ほど多いため、保険料も若い人ほど高くなる傾向にあります。
ですから、「自分の年齢は○○歳以上です」ということを宣言することで割引きを受けられます。
ちなみに、20歳の運転者の保険料と比べて30歳以上の運転者の保険料は1割ほど安くなります。
これも、自分以外の人間が運転することがある場合には注意が必要です。
35歳以上という年齢条件を設定しているのにもかかわらず、大学生の息子が車で事故を起こしてしまったら補償金は受け取れません。
この他にも特約条件はいろいろあります。
ゴールド免許を持っていれば保険料が割引きになりますし、3年契約など長期契約をすれば、その分保険料が割引になるサービスもあります。
最近では年間走行距離に応じて保険料が割引になるサービスもあるので、自分に合ったサービスを利用して保険料をなるべく安く抑えましょう。

get( 'keyword', 6 ) ?>
get( 'comment', 6 ) ?>